良好な視界確保のためにフロントガラスの交換を考える


ガラスは時間と共に劣化する


車を運転していて、視界がうまく取れなかったら、安全に運転することができるでしょうか。

見えるということを当たり前と思っているかもしれませんが、これもフロントガラスがしっかりとしているからです。


ガラスというと、劣化のしないものと考えている人もいるでしょう。

しかし、これは完全な誤りです。

ガラスは日焼けすると呼んだりしますが、経年劣化から逃れられるわけではありません。

紫外線によって劣化することは間違いないのです。

さらに、合わせガラスのフィルム部分も、経年劣化から逃れられません。

いつの間にか、透明度が下がってきて、視界が悪くなることも起きるのです。


フロントガラスもノーマルで満足する時代ではない


フロントガラスを劣化から守るためには、紫外線を吸収するのではなく、反射することが重要でしょう。

これは、ドライバーを含めた同乗者を守るという意味でも、太陽光線を透過しにくい構造にするべきです。

ですが、ノーマルのフロントガラスには限界があり、反射するよりも吸収しています。

そこで、カラード・フロントガラスのソーラーインパクトに交換する方法が出てくるのです。


ソーラーインパクトは、太陽光線を吸収するのではなく反射します。

これは、合わせガラスに使われている特殊なフィルムを金属加工したものにしてあるからです。

見た目にも輝くフロントガラスにすることができますが、それだけではありません。

室内からの視界がさらに良好になるのも、ゆがみを限界まで抑えた高品質で高精度を維持できていることが大きいでしょう。

長時間運転しても、疲れを感じることがないのも、こうした精度の高いガラスを作りだしているからなのです。


フロントガラスもノーマルで満足する時代は終わりました。

劣化ということもありますので、今よりも良好な視界を確保したいと思ったときには、ソーラーインパクト一択であるともいえるでしょう。


INFORMATION

2015-11-29
オープンカーのユーノスロードスターのだからこそ前方視界の確保のためのフロントガラス交換
2015-11-26
カスタムカーの重要ポイントとなるフロントガラスの交換
2015-11-20
スバルレガシィのエンジンの変遷から見る水平対向へのこだわり
2015-11-14
ソーラーインパクトでカスタムの仕上がりを完璧に
2015-11-11
車塗装のポリマー加工の輝きに負けないフロントガラスへの交換
2015-11-06
良好な視界確保のためにフロントガラスの交換を考える
2015-11-02
カスタム化するだけじゃない!フロントガラスをソーラーインパクトにする意味
ページのトップへ戻る